女性社長.net

  • メール
  • facebook
  • twitter
  • Ameba

メルマガ登録

女性社長インタビュー

業歴5年以上の方をメインに、会社員時代のキャリアや独自のアイデアを活かしているスタートアップの方まで。
企業の裏話や事業継続の秘訣などを伺っています。

自分の夢に可能性を感じているから<br/>前に進むことが楽しい。
Interview vol.7

自分の夢に可能性を感じているから
前に進むことが楽しい。

株式会社シャンドゥルール 木須 陽子さん

http://www.chandeleur.jp/

北海道生まれ。雑貨ショップや大手スーパーのバイヤー、化粧品会社のセールスプロモーションを経て2002年にフリーランスとして独立。企業の販促支援およびショッププロデュースなどの経験から、2006年株式会社シャンドゥルールを設立。企業のデザインコンサルティング業務に加え、新たにココロとカラダのキレイをプロデュースするフラワーエッセンス事業をスタートさせた。

フラワーエッセンスを必要としている人はたくさんいるはず。自分の夢に可能性を感じているから前に進むことが楽しい。

日本ではまだあまり聞き慣れない「フラワーエッセンス」という自然療法。国内での資格整備も整っていない新しいビジネスなだけに、大きな可能性と難しさが共存している。 マーケットも知名度も低いテーマを題材に、ゼロからスタートして一年。WEBショップ、講師、ショッププロデュースと、実に早いスピードで新事業を展開してきた木須さんに、今後の国内における展望とこのビジネスを通して伝えたい思いを語ってもらった。  

起業のきっかけは、漠然としていた自分の夢に色がついたから。

もともと好奇心が旺盛で、会社員時代は、社長秘書、バイヤー、セールスプロモーションと、自分がやりたいと思ったことをそのままやってきましたが、当時は自分が経営者になることについてはあまり意識していなかったように思います。起業を意識しはじめたのは、私が作成したデザインを気に入ってくれた知人からWEB制作を依頼されたことがきっかけでした。それ以降はたくさんの仕事が舞い込むようになり、気付いたら独立。本当に恵まれていたと思います。
フリーランスでデザインやショッププロデュースなどの仕事をするなか、「一生自分がやっていきたい仕事は何だろう?」と考え始めた時に、いつも浮かんでくるのは「人の笑顔をつくりたい」ということ。笑顔のベースは幸せであること。そのために絶対的に必要な、ココロとカラダの健康をつくる仕事をしたいと思ったのです。そこで出会ったフラワーエッセンスとホメオパシーという自然療法。これを初めて聞いた時、古くて新しいこの考え方に一瞬にして惹き込まれ、「出会うべくして出会った!」と思ったのを覚えています。その時はじめて、これまで白黒で描かれていた自分の夢にきれいな色がついた気がしました。そして会社にするということが現実味を帯びてきたのです。フリーランスになって4年目、そろそろ形態を変えていいのでは?と考えていたこともあり、思いきって法人化にしたのが株式会社シャンドゥルールのスタートです。

この夏、企業向けのフラワーエッセンス事業をスタート!

生活習慣病患者が増加の一途をたどるなか、国民の健康対策について国が真剣にのりだすようになってきました。近々、一定規模の企業には、社内医務室だけでなく、もっと広範囲に健康増進をサポートする人材の登用が義務づけられるという話も出ているほどです。今後は社員の健康管理も企業の重要な課題となってくるでしょう。
シャンドゥルールでは、これまで個人を対象にしたカウンセリングやセミナーを中心に行ってきましたが、この夏企業向けのプログラム『C’sProject』をスタートしました。これは、企業、クリニック、学校といった組織に向けて、フラワーエッセンスを使ったメンタル面でのサポートを行うというプログラムです。フラワーエッセンスはカウンセリングの要素と、それを後押しする花のエッセンスで、乱れた感情のバランスを整えていくものです。からだには全く無害なので、どんな方でも安心して取り入れていただくことができるとてもやさしい療法です。日本中の企業でフラワーエッセンスのメンタルサポートが当たり前になったらうれしいですね。


人生をより豊かにするために、オリジナルメソッドの確立が当面の目標。

カウンセリングを受けられる方の悩みは様々です。小さな頃からのトラウマを抱えて未だに傷が癒えない方、自分に自信がもてなくて幸せを感じられない方、ショックな出来事によって心を閉ざしてしまった方。そういう方の心の重荷を取り除いて前向きに生きる力を与えるのもフラワーエッセンス療法ですが、本当の価値は、さらに上の段階にあります。フラワーエッセンスにより自分のココロの癖や行動パターンを再認識することで、ついつい繰り返してしまう失敗や人間関係のひずみなど、様々な問題に対処していくことができるのです。つまり、その人の人生をより豊かにするために使えるのがフラワーエッセンスの魅力なのです。ココロを癒すのはもちろん、出会いを広げたり、自己啓発や自分の夢を実現するために、もっとポジティブな領域にも力を発揮できるよう、フラワーエッセンスを使ったオリジナルメソッドを確立したいというのが当面の目標です。

夢はホリスティックビューティーを実現できるシャンドゥルールブランド!

現在、会社としては大きく2つの事業があります。1つは企業やサロン、ショップ向けの販促支援として、ホームページやカタログ、チラシといったツールの企画制作を行っており、女性向けのデザインが大変好評をいただいております。こちらは将来的には社内にスタッフを入れて、1つの部署にしていく予定です。
そして、シャンドゥルールのもう一つの柱として力を入れていきたいのがウェルネスプロデュースです。フラワーエッセンスやホメオパシーといった自然療法を、単なる癒しや代替医療として位置づけるのではなく、企業研修や知育活動、美容など、あらゆる分野とコラボしながらプロデュースしていきたいと思っています。美しいココロとカラダと人生を実現できるサロンスペースで、頭の先から足の先まで幸せいっぱいな人たちをつくり出していくお手伝いができたら、こんなに素敵なことはありません。
そして将来の夢はシャンドゥルールブランドの立ち上げ。もともと雑貨業界に身を置いていたこともあり、化粧品からバスアイテム、雑貨まで、生活全般をホリスティックビューティーの目線からプロデュースしていくことが私の目標です。